新着情報・ブログ

去年まで暖冬といわれていた
日本ですが、ここになって
寒波襲来!

寒波に乗って「じんましん」まで
やって来ることを
皆様ご存知でしたか?

じんましん…ジンマシン

漢字で書くと「蕁麻疹」
これはいかにも痒そうな文字ですね。
(痒いという文字もかゆいです!)

冬場には皮膚の冷えが原因で起こる
「寒冷蕁麻疹」という病気があります。
今回はその原因と対策について調べてみました。

◆———————————-◆
寒冷蕁麻疹の原因
◆———————————-◆

皮膚の温度が急に冷えることが
きっかけとなり蕁麻疹が起こります。

寒冷蕁麻疹が起こるメカニズムは、
皮膚の下の血管周辺にある
肥満細胞(マスト細胞とも呼ばれる)が

急激な温度変化により刺激を受け、
免疫機能が働いて「ヒスタミン」という
化学物質が放出されることが原因です。

放出された「ヒスタミン」は、
かゆみを引き起こすとともに、
皮膚の血管を拡張させます。

これによって、
血液中の液体成分が血管外に漏れ
皮膚を赤く盛り上げ
蕁麻疹となって現れるのです。

◆———————————-◆
どんな時に起きやすい?
◆———————————-◆

冬の朝、素足で冷たいフローリングを
歩いた時に足に出る

外に出て寒い風にあたった時、
顔に出る

お風呂で体が温まった後、
脱衣所の寒さに触れた時に出る

運動して汗をかいた直後、
寒い風に当たって体温が低下した時など。

要するにヒヤッ!とした時に
出るわけですね。

◆———————————-◆
どんな症状が起こる?
◆———————————-◆

小豆ほどの大きさの膨疹
(ぼうしん)が現れます。

次第に強いかゆみと赤みを生じます。
また、全身性と局所性があります。

さらに、ヒスタミンが血管を
拡張させることで血圧が下がり、
頭痛、めまいなどを伴うこともあります。

◆———————————-◆
対処法は?
◆———————————-◆

一般的に蕁麻疹が出た時には
冷やすとかゆみが治まりやすいのですが、
寒冷蕁麻疹の場合は、冷やすと逆効果。

冷やさずに温め、かきむしると
皮膚が傷つくのでかかずに
様子をみるのがいいようです。

何度も起こる場合は、
病院で抗ヒスタミン薬(内服薬や外用薬)、
抗アレルギー薬(内服薬)を処方して
もらいましょう。

◆———————————-◆
なりやすい人のタイプと予防法
◆———————————-◆

寒がり、鳥肌が立ちやすい、
冷え性、やせ体型といった人。

ジョギングを早朝や
夕暮れ以降に行うことが多い人。

冬場に厚着をして汗をかきやすい、
脱衣所が寒い方など。

予防法としては、
冬は、フローリングに絨緞を敷いたり、
温かい素材のスリッパなどを使う
(冷たい床を素足で歩かない)

暖房が強い場所では薄着で過ごす。
外出する際は、タートルネックや
マフラーなどを上手に使って、
外気に触れる顔の面積を
できるだけ少なくするなど。

◆———————————-◆
真逆の「温熱蕁麻疹」にもご用心
◆———————————-◆

蕁麻疹には寒冷があれば、
温熱もあるようです(えっ)

皮膚が急に温まることが原因で
「温熱蕁麻疹(おんねつじんましん)」
が起こる事があります。

暖房器具の温風が直接、
体にあたった時
カイロや湯たんぽなどを使って、
体の一部が急激に温まった時

体が冷えている状態で、
急に熱いお湯に浸かった時

要するにアチッ!となった時に
出やすいわけですね。

◆———————————-◆
「温熱蕁麻疹」になりやすい人
◆———————————-◆

寒がりの人、血行が悪い人
痩せている人、敏感肌の人…

冬は肌が乾燥しがち。
乾燥してバリア機能が弱まっている肌は
刺激を受けやすく、
蕁麻疹が出やすい時期です。

予防策として
暖房器具の温風が直接、
体に当たらないようにする。

お風呂はぬるめの湯に
ゆっくりと浸かる。

普段から体を温め、
血行をよくする努力をする
などがあります。

◆———————————-◆
アレルギーにもご注意!
◆———————————-◆

蕁麻疹は通常、
10分ほどでなくなる
ケースが多いのですが、

何度も起こる場合は
どのような時に出ているかをよく観察し、
一度で医師に相談してみる事をお勧めします。

◆———————————-◆

体調管理が本当に大変になってきましたね。
(冬が過ぎると、次は花粉症の季節です…ふう)

私が初詣で引いた健軍神社の
おみくじは小吉…開いてみると

とにかく明るい声で、自分も明るく
周りも明るくして暮らしなさい!との
お達しが書かれてありました。

寒さにも熱さにも、蕁麻疹にも負けず、
明るく対応していくことが
元気の秘訣だと思う昨今です。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
万象堂店長の竹田真二です。

昨年の熊本は大変な年でしたが、
今年も皆様の健康作りのお役に立てるよう
微力ながら努力してまいりますので、
よろしくお願い申し上げます。

*★**★*―――――*★*―――――*★*

【健康伝言板】夜食を食べても太らない対策!

*★**★*―――――*★*―――――*★*

さて年末年始、
皆様いかが過ごされましたか?
忘年会、新年会、お節に外食…

ちょっと食べすぎ…と思いつつも
更に、夜食まで食べて
お腹いっぱい、翌朝早速太る…
そんな経験はありませんか?
(つまり私の事です)

夜食が太る理由としては
摂取したカロリーを
消化出来ないのが原因ですが、

「ビーマル1」という
タンパク質の存在も重要とか。
(アニメのヒーローの名前のよう)

まだあまり聞きなれない
「ビーマル1」ですが、
体内時計をコントロールし、
脂肪をため込む働きをするそうです。

その分泌量は時間によって変動
するそうで、最大となるのが
22時頃から深夜2時頃まで!

そのため夜遅い食事は
太りやすくなるそうです。

そこで、ビーマル1対策!
ちょっと 気にかけていただくだけで
効果ありです! ぜひお読みください!

◆———————————-◆

夜食を食べても太らない方法

◆———————————-◆

◆その1

・夕方までに軽いおやつを摂りましょう。

朝食から夕食までの時間が空くと
体は脂肪を溜め込みやすくなります。

夕食が9時以降になりそうな時は
脂肪を蓄積しにくい夕方6時までに
間食を摂りましょう。

おにぎり、麺類などの炭水化物は控えめ
夕食を2回に分けるイメージがベストです。

◆その2

・よく噛んで30分以上かけて食べる

噛むことによって脳に指令が伝わり、
神経ヒスタミンが出ます。

この物質は、食欲を抑えたり、
体脂肪を分解する効果があります。

また、満腹サインを脳に送る
「レプチン」というホルモンは
食事開始30分後から出始めるので、

ゆっくり食事をすることは
食べ過ぎの防止にもなります。

◆その3

・三つの「あ」にご用心

頭文字が「あ」の「アルコール」
「脂っこいもの」「甘いもの」は、
いずれも摂りすぎると肥満の元に。

夜9時過ぎたらできれば
摂らないのが得策ですが、

せめて、アルコールを飲んだら揚げ物は控えめに、
甘いものは翌日に回すなど、
3つの「あ」を重ねないようにしましょう。

◆その4

・炭水化物は控えめに、味は薄味で

貴重なエネルギー源のたんぱく質ですが、
夜、食べた後は寝るだけの場合は、

そのエネルギーは使い切れずに余り、
脂肪として蓄えられます。

夜9時以降に食べるなら、
炭水化物は抜くか控えめに!

また、味の濃いおかずは
ごはんが進むだけでなく、
むくみの原因にも。

塩分控えめでしょうゆやソースはかけずに
小皿にとってつけて食べましょう。

◆その5

・朝食は抜かないように!

夕食が遅いからといって朝食を抜くのは禁物。
「ビーマル1」は朝食を抜くと、増加して

さらに脂肪を溜め込みやすくなります。
夕食が遅くなっても朝食は
少しでも摂るようにしましょう。

◆———————————-◆

コレステロール、血糖値も
午後8時以降は上昇しやすいようです。

ビーマル1を意識することが
「太りにくい」夜食対策になるようです。

健康的な食生活は…

食事は何を食べたか?(質)
どれだけ食べたか?(量)
何時に食べたか?(時間)に影響されます。

今年一年、
皆様が健康でありますよう祈念して
第一回目の健康伝言板を
お送りしました。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

◆———————————-◆

この原稿は箱根駅伝を
テレビで見ながら書きました。

私の左腕には、年末に買った
ランニング用の腕時計が(苦笑)

2年いや…3年後に(ハーフ)
マラソンに挑戦すると新年、
家族に宣言した私でありました。

◆———————————-◆