新着情報・ブログ

8月ももうすぐ終わり

残暑お見舞い申し上げます。

折角のお盆に

台風来襲の九州でしたが、

 

さほど大きな災害もなく

猛暑も落ち着き

ほっと一息でした。

 

今回のメルマガ特価情報は、

8月最後の特価商品のご案内です。

 

この機会に

ぜひお試しください!

 

全て送料無料

特価期間は9月7日(土曜日)迄

お一人3セットまでです。

◆———————————-◆

 

【1】夏のお肌疲れに馬油クリームセール

 

◆ラベンダー・バラ10gセット

 

◆馬油クリーム10g5種セット

 

【2】えごま茶

 

3gティーパック お試し価格

 

【3】赤くとろけるローズヒップ

 

3g×15袋  お試し価格

 

【4】菊芋の粒50  更に特価継続中!

 

◆———————————-◆

 

【1】夏のお肌疲れに馬油クリームセール

 

夏のお肌の思い出、それは「日焼け」

日焼けは、軽いやけどでもあります。

特に敏感なお肌の方は大変…

 

自然な形でお肌をいたわるなら

馬油クリームがおすすめです。

 

当社では8種のアロマ(精油)を

配合した馬油クリームを販売中です。

 

馬油はお肌をいやす成分がたっぷり。

あなたはどんなアロマの香りがお好きですか?

 

今回の特価商品は、

 

◆ラベンダー、バラの香りの馬油クリーム

10g 2種セット

 

定価1,180円を850円の特価で販売です。

更に!

 

◆ラベンダー、バラ、レモングラス、オレンジスィート

ティーツリ―、馬油クリーム10g 5種セット

定価2,650円を2,000円の特価でご案内です。

◆———————————-◆

 

【2】えごま茶

3gティーパック お試し価格

◆———————————-◆

 

いろいろな健康茶がありますが、

えごま茶は今話題の

エゴマ油のもと、エゴマの葉を

お茶に加工したものです。

 

そもそもシソ科の植物で

さっぱりクセのない

飲み心地が人気の健康茶です。

 

お茶には

オレイン酸(ポリフェノールの一種)

リノレイン酸が含まれ(必須脂肪酸)

が含まれ健康作りにお役に立ちます。

 

◆———————————-◆

えごま茶 3g×15袋 ティーパック

定価850円を650円の特価でご案内です。

◆———————————-◆

 

【3】赤くとろけるハーブティー「ローズヒップ」

お試し価格で販売!

 

ハーブティをティーパックにし

お湯を注ぐだけで簡単便利に

飲みやすくしました。

 

カップちょうど1杯分で、

お忙しい中でもサッとお飲みできます。

 

今回はローズヒップ。

とろけるような赤いハーブで、

個性的な味が人気です。

 

氷を浮かべたり、

お好みで甘さをプラス。

 

くつろぎのひと時に

ぜひ、お試しください。

 

ハーブティ ローズヒップ 3g×15袋

定価880円を650円の特価でご案内です。

◆———————————-◆

 

【4】菊芋の粒、お試しサイズのご案内

 

◆———————————-◆

 

今やテレビの健康番組での定番

健康素材の菊芋です。

 

水溶性の食物繊維

イヌリンが、

甘いものの摂り過ぎが気になる方、

野菜不足をフォローしたい方に

お役に立ちます。

 

菊芋の難点は、少し味に

クセがあるところ、

 

粉末を溶かして飲むのも

なかなか面倒です。

 

そんなご要望に

合わせてできたのが、

 

菊芋の粒です。

 

味はポリポリ、食べやすく

クセもありません。

 

今回お試しサイズの50粒を

特価でご案内します。

 

【2】菊芋の粒、お試し50粒のご案内

通常価格880円を更に、値下げ650円!

◆□・□・□・□・□・□・□・□・◆

 

今年の夏も暑かった!

先手“必笑” 秋バテの傾向と対策

 

◆□・□・□・□・□・□・□・□・◆

 

今年の夏も暑かったですね!

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

熊本はお盆まで

連日連夜、

体温越えの毎日でした。

 

あれだけ健康伝言板で

注意喚起していた私本人が、

 

深夜のコブラ返り

夏カゼ、勃発で

 

気温どころか、

生まれて初めて体温39度の

火あぶり体験までしました。

 

今は大人しく

シュンとしながら

メルマガ原稿書いています。

 

今回のテーマは先手必勝

夏バテの次は秋バテ予防と

情報を収集してきました。

 

お役に立てれば幸いです。

 

◆□・□・□・□・□・□・□・□・◆

 

「夏バテ、秋バテ」の原因

 

◆□・□・□・□・□・□・□・□・◆

 

そもそも

「夏バテ、秋バテ」の原因は、

体の中の「自律神経系」が

疲れ果て、機能しないことが

原因と言われています。

 

自律神経系は

◆交感神経と◆副交感神経に分かれ、

 

双方が絶妙なバランスで

切り替わりながら

体のバランスを保てるように

頑張ってくれています。

 

日中は「交感神経」が頑張り、

血圧や脈拍を上げ、

胃腸の動きを減らして

体を活動状態にします。

 

日が暮れて夜になると

「副交感神経」が頑張り、

血圧や脈拍を下げて

筋肉をゆるませ

体をリラックスさせ、

胃腸の動きを高め

食物の消化吸収を促します。

 

自律神経系は

暑い時は汗をかき

体内の熱を体の外へ逃がして

体温が上がりすぎないように調節、

 

逆に、寒い時は血管

を縮めて血流を減らし、

できるだけ熱が

体外へ逃げないように

調節してくれます。

 

日夜不休で

頑張ってくれている

「自立神経系」は

体の健康作りの統括マネジャーと

言ったところでしょうか。

 

◆———————————-◆

 

夏バテよりやっかいな「秋バテ」、

あなたは大丈夫?

 

◆———————————-◆

 

記録ずくめの猛暑を

何とか乗り切り、

ほっと一息…

 

ところが9月に入って

過ごしやすい

気候になったのに、

なんだか体調がすぐれない…

 

このような、状態が

夏バテならぬ、「秋バテ」と

言われる症状です。

 

◆———————————-◆

 

「秋バテ」の原因とは…

 

◆———————————-◆

 

秋バテは

「夏バテ後遺症」とも言われ

体力に自信がある人が

 

夏に夜遊び、暴飲暴食、

レジャー、旅行などで

体に負担をかけたり、

 

薄着のままで1日過ごし

胃腸の疲れや冷えを招き、

疲労が蓄積されて秋に

症状が出るものと言われています。

 

体が丈夫で夏を乗り越え、

溜まりに溜まった疲れが

秋に出てくるということなのです。

 

秋バテには、

気圧の変化も影響して

秋に台風や低気圧が近づくと、

空気中の酸素濃度は薄くなり、

 

夏の疲れを引きずっている上に、

気圧差が大きいと体がだるくなり、

自律神経のバランスが崩れてしまう…

 

これまで「滅私奉公」(古い例え)で

頑張ってきた自立神経君が

 

「まるで、ブラック企業」

「もう、やってられへん!」と

職場放棄状態なのですね。

 

無理をした期間が長いだけに、

夏バテよりさらに厄介な状態に

なる人も多いようです。

 

◆———————————-◆

 

「秋バテ」の予防と対策

 

◆———————————-◆

 

夏の疲れを秋まで持ち越さないために、

日常生活では体を冷やし過ぎず、

適度に温めることが肝心です。

 

常時エアコン下で体が冷える状況を

極力減らし、温度差の大きな環境に

身を置かないように気を付けましょう。

 

さらに、効果的なのが、

下半身の筋肉を鍛える運動。

秋バテしない体づくりは、

有酸素運動より「筋トレ」が

良いようです。

 

筋トレというと、

ダンベルで腕などの

上半身を鍛えるものを

イメージされるかもしれませんが、

 

夏バテ・秋バテに効くのは、

下半身の筋トレ。

 

体が冷えて血行が悪くなると、

体内の水はけが

悪くなって下半身がむくみます。

 

下半身にたまった水分を

上に押し上げるポンプ作用は、

下半身の筋肉が担っています。

 

下半身の大きな筋肉を

つくる運動によって、

体内の水のめぐりを

改善できるという

論法です。

 

例えばスクワットのような

運動が効果的で、

(いきなりやるのは危険ですが…)

 

できるだけエレベーターより

階段を使うなど、日常的な心がけも

大切です。

 

(私も毎日延べ30分は

自転車通勤しています。)

※あおり運転していませんから

 

◆———————————-◆

 

入浴は就寝直前がおすすめ

 

◆———————————-◆

 

入浴は就寝直前、38~39度の

ぬるめのお湯に10~30分程度

浸かるのがおすすめ。

 

血行を促進するには

肩までの全身浴を。

 

※心臓に問題のある人は

腰までの半身浴に

 

◆———————————-◆

 

秋が旬の穀類や野菜、果物を

 

◆———————————-◆

 

「夏に冷たいものや辛いもの、

脂っこいものを多く取っていた人」は

胃腸の働きが落ちているので、

消化のよいものを選びましょう。

 

漢方風に言えば

 

夏に消耗した

『気(生命力)』を補うには

米、山芋や里芋、栗、サンマやイワシを

 

『津液(血液以外の体液)』を

補うためには

レンコン、梨、ブドウなどの

食材を取るとよいとされています。

 

山芋や里芋などのぬめり成分には

胃腸の粘膜を保護する働きがあり、

 

サンマなどの秋魚は

ミネラルやビタミンが豊富で、

栄養的に優れています。

 

◆———————————-◆

 

朝のスタートは

1杯のコーヒーよりも味噌汁」を

 

◆———————————-◆

 

発酵した味噌は

消化吸収のよいアミノ酸や

ミネラル、ビタミンB群が

豊富で、疲労回復を助けます。

 

体調が整うまでは

具たくさんの

お味噌汁がいいようです。

 

◆———————————-◆

 

スポーツや行楽の秋、

食欲の秋を楽しむためにも、

秋バテ予防、生活習慣を改善して

行きましょう!

 

◆———————————-◆

 

ここまで資料を集め、

夏バテ、秋バテについて

書いているうちに、

 

私の夏カゼの原因は、

ふと寝室の年代物のクーラーだと

気が付きました。

 

何しろクーラーの羽が故障し

手動だったのです。

 

冷たい冷気が直接

私のお腹を冷やし続けました。

 

そして6匹に増えた猫どものいたずら。

あまりの暑さに深夜目が覚めると、

冷房が暖房に変わっているのです。

 

「誰じゃい!ボタン押したのは!」

猫に怒っても仕方ありません。

みんな猫をかぶって

知らん顔しています。(苦笑)

 

こころ落ち着かせようと、

ひと夏の日焼けの後に、

「ヒノキの馬油クリーム」を塗り、

眠りにつく店長竹田でした。

 

(皆様もお休み前の馬油クリームで

安眠を…)

 

◆———————————-◆